ムネリンがソフトバンク周東にメッセージ 盟友・本多コーチと再会で

西日本スポーツ 森 淳

 昨年、台湾プロ野球・味全でコーチ兼任で現役復帰した川崎宗則内野手(38)が10日、古巣ソフトバンクの本多雄一内野守備走塁コーチ(35)と福岡市内でトークショーを行った。

 かつての二遊間コンビが「久しぶり」と笑い合った。控室で報道陣の取材に応じた川崎は、昨季がコーチ1年目だった本多を「ポンちゃんのおかげで日本一になったと思う。工藤監督の陰に本多雄一あり」と称賛。「選手と一番、年が近い。うまくコミュニケーションを取って、盛り上げ、チームをうまく回したんじゃないかな」と話す。

 「すごく頼もしかった。(一塁コーチだが)走るんちゃうかな?と思ってた」と続けた川崎。「周東君も速いけど、彼より速かったのがポンちゃん。抜けるように頑張ってほしい。まだ2・5ゲーム差でポンちゃんが速い」と系譜を継ぐ後輩へのエールも送った。

 兼任コーチの心境は「プレーが主。コーチはたまに。気が向いたとき。飯に連れていったり」だが、指導者の苦労に触れた。将来的なコーチ業への意欲を問われると「大変で難しい。生涯やらないと決めた」と川崎節。味全との契約更新がまだとあって当面の目標は「職探し」とし「チームを探してる。(実家の)電気工事屋が40年で閉めちゃったから帰っても仕事がないぜ。何とか飯食えるように。就職活動中」との表現で今季の意気込みを示した。 (森 淳)

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ