東九州龍谷が8大会ぶりVに王手 3連覇狙った金蘭会撃破/春高バレー

西日本スポーツ

 バレーボールの全日本高校選手権(春高バレー)は11日、男女の準決勝があり、女子は東九州龍谷(大分)が3連覇を狙った金蘭会(大阪)を3―2で破り、8大会ぶりの優勝に王手をかけた。2年生エースの室岡莉乃が両チーム最多の36得点。荒木彩花主将(3年)も11得点を挙げた。12日の決勝は共栄学園(東京)をフルセットの末に破った古川学園(宮城)と対戦する。

 東九州龍谷は金蘭会に前々回、前回と決勝でいずれも敗戦。今回も1―1で迎えた第3セットの終盤、金蘭会の超高校級エース宮部愛芽世(あめぜ)主将(3年)のアタックなどで失点を重ねてこのセットを落としたが、荒木を中心に踏ん張った。「クロスを抜かれていた。途中からコースを絞らせ、ストレートにきたボールにレシーブで対応した」と宮部への守備も修正し、第4、5セットを連取して逆転勝ちした。

 リベロを除く先発メンバーの平均身長は東九州龍谷の168センチに対して金蘭会は174センチ。6センチも高い相手に、粘りのレシーブと高速コンビバレーで競り勝った。若手世代の日本代表監督となった前任の相原昇氏からチームを引き継いで1年目の竹内誠二監督も「(相原氏と)一緒にやってきたバレーは間違っていない」と口にした。荒木と宮部は、昨年の世界ジュニア選手権でともにU―20(20歳以下)日本代表として戦った仲。荒木は「愛芽世のためにも金蘭会のためにも(決勝は)勝ちたい」と誓った。(伊藤瀬里加)

PR

バレー アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング