西武2月に台湾球団と2試合 渡辺GMら発表、入場無料

西日本スポーツ

 西武は2月19、21日に春季キャンプ地の高知・春野で、台湾・統一との交流試合を行う。

 1月12日、渡辺久信ゼネラルマネジャー(GM)が台湾・台南で行われた統一の「キャンプ開幕式」に出席。統一の蘇泰安GMと交流試合の概要を発表した。試合開始は2月19日が午後0時半、21日が午後1時で、いずれも入場無料。

 西武は2008年のアジアシリーズ決勝で統一と対戦。16年からは双方の主催試合で、公式チアやマスコットが交流するイベントを行なっており、昨年2月にも春野で交流試合を行った。

 1999~2001年に台湾プロ野球で選手兼任コーチとしてプレーした経験がある渡辺GMは「昨年に引き続き、統一ライオンズとの対戦が決まり、大変うれしく思います。この交流試合がアジアの野球全体のレベルアップにつながり、そして両チームの良いシーズンのスタートとなることを期待しています」などと球団を通じコメントした。

 また統一の蘇泰安GMもコメントを発表。「昨年2月に統一ライオンズが初めて高知県春野を訪れ、埼玉西武ライオンズと交流試合を行いました。チームにとってはとても貴重な学びの旅で、大きな収穫を得て、成長につなげることができました」と振り返り「今年も引き続き交流試合を行うことで、より一層双方の協力関係を築き、友情を深めることができると思います。また、これにより、チームの実力を高め、両チームがともに今シーズン優勝できたらと願っています。将来、機会があれば埼玉西武ライオンズが台湾を訪れ、交流試合を行うことを期待し、より多くのファンに埼玉西武ライオンズの魅力を感じてもらえればと思います」と期待を込めた。

 なお試合開始時間が予告なく変更される場合や、天候などで試合中止となる場合がある。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング