鹿児島5位入賞 神村学園高勢が力走

西日本スポーツ

 ◆第38回全国都道府県対抗女子駅伝(12日・たけびしスタジアム京都発着=9区間、42・195キロ)

 鹿児島が昨年末の全国高校駅伝で2位に入った神村学園高勢の力走で5年ぶりに入賞した。1区で19位と出遅れたが、2区で同校の黒川が7人抜き。4~7区を走った同校勢も区間1桁順位でつなぎ、一時は3位にまで浮上した。最終9区は同校出身の西田(エディオン)が粘りの走りを見せ、2015年に出した県の最高記録(2時間17分51秒)を47秒も更新。西田は「いい流れをつくってくれたみんなに感謝したい」と涙を流した。今秋、地元で国体を開催。県をあげて進む強化に勢いをつけた。

PR

陸上 アクセスランキング

PR

注目のテーマ