涼やか視線で生々しく「年金とか大変」 HKT月足、えんじの晴れ着

西日本スポーツ 古川 泰裕

 4期生の月足天音は、深いえんじ色の晴れ着を優雅に着こなした。多くのメンバーが満面の笑みをつくる中で涼やかな視線をカメラに送り、時折色っぽさも感じさせる表情を見せると、晴れ着や髪形も相まって、まるでサスペンスドラマの登場人物のような雰囲気に。整ったルックスをさらに際立たせるいでたちで、報道陣からも「かわいい…!」と声がもれた。

 2019年は負傷や体調不良に悩まされることもあったが、9月には3期生の栗原紗英とともにファッションショーに出演し、ランウェーを経験。日頃からSNSなどでもファッション関係の発信を続けており、磨いた美意識は晴れの舞台でも存在感を放った。

 会見では、「高校2年でHKTに入り、たくさんのことを経験させていただいた10代だった。20歳は、もっといろいろな経験をできるように頑張りたい」と新成人らしく切り出し、しかしその後は「大人は…年金とかいろいろ大変なことがいっぱいあると思うので、自覚を持った大人になれるように…」と生々しい話題を持ち出し、周囲をざわつかせていた。(古川泰裕)

PR

HKT48 アクセスランキング

PR

注目のテーマ