子年最初のG1いざ開幕 【徳山】

西日本スポーツ

 頂点を目指す戦いが新たにスタート-。今年の特別戦線の幕開けとなる徳山ボート(山口県周南市)のG1開設66周年記念「徳山クラウン争奪戦」が14日、熱戦の火ぶたを切る。御大・今村豊をはじめとした48人が、好ダッシュで一年を滑り出そうと闘志を燃やす。エース格の抜群機は山本寛久、長田頼宗、安河内将が獲得し、中でも安河内がばっちりの手応え。初日ドリーム組は寺田祥が最も戦歴上位の良機で気配も優勢。2日目ドリーム組は桐生順平が前節のV機をゲットした。

PR

ボートレース アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング