ソフトバンク栗原、晃に弟子入り 捕手でも外野でも「試合に出たい」

西日本スポーツ

 今季6年目の栗原が一層のユーティリティー化でシーズン100試合出場を目指す。本職は捕手だが、高い打力を買われて昨季も左翼で先発を経験。自己最多の32試合に出場した。さらなる飛躍を目指し、中村晃に弟子入りしている自主トレでは外野ノックも多く受けている。「捕手へのこだわりはあります。でも試合に出たいので、どこでも守れるようにレベルを上げていきたい。100試合出場が目標です」と意欲的だった。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ