レッズ秋山「順調」チームカラーの新背番4刺しゅう入り赤ウエアで汗

西日本スポーツ 松田 達也

 西武から海外フリーエージェント(FA)権を行使して米大リーグのレッズに移籍した秋山翔吾外野手(31)が16日、新天地での鍵に「平常心」を挙げた。静岡県下田市で行う自主トレを公開。ランニングや打撃練習などで約4時間にわたり精力的に汗を流した。

 レッズのチームカラーと同じ赤で、新背番号の「4」が刺しゅうされたトレーニングウエアも着た秋山は「(米国に)行ってみて感じることがある」とした上で「分からないことを不安がっても仕方ない。何が起きても驚かないようにしたい」と強調した。

■骨折から順調回復

 10月31日に日本代表として出場したカナダ代表との強化試合で受けた死球で右足薬指を骨折。リハビリを経て、今回の自主トレから本格的な走り込みに取り組んでいる。骨折箇所についても「痛みなくやれている。順調な証拠だと思う」と明るい表情で説明した。

 約1カ月後にはレッズの野手によるキャンプインが控える。「今はしっかり準備する時期。体ができていれば、状況に応じた練習もできる」。環境や生活の変化などを含めた未知の要素は数多いが、動じることなく持てる力を発揮する。 (松田達也)

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ