ペイペイドーム初陣2連戦で宝くじ全員配布、ユニーク景品当たる

西日本スポーツ

 ソフトバンクは17日、ヤフオクドーム(2月29日からペイペイドーム)で今年初めて試合を行う2月29日、3月1日の阪神とのオープン戦2連戦で開催する「シーズンスタートデー2020」の内容を発表した。

 2月29日は試合前に「シーズンスタートセレモニー」を実施。3月1日はソフトバンク球団15周年を記念した「=HAWKS15thデー」の特別ユニホームを選手が着用して試合に臨む。

 2日間とも「鷹(たか)らくじ付きステッカー」を来場者全員に配布。1日スタッフ体験権や、セレモニアルピッチ権などが当たる。また福袋を模した「鷹袋」が付いた企画チケットを1月19日午前10時に発売。「鷹袋」の中身は「=HAWKS15thデー」のレプリカユニホームなど。

 今季は三塁側内野席上段に2~3人掛けのソファシート「ブラックホークソファ」が新設。この2試合では「ブラックホークソファ」や「コカ・コーラシート」「ホームランテラス」「やまや   めんたいこBOX」を時間制限付きで利用できるチケットも販売する。試合前半(5回まで)と後半(6回から)の2部制で、割引価格で人気の席種を体験してもらう狙い。指定の時間以外は、シート近隣の内野指定席や、外野自由席で観戦する。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ