ソフト上野「深い話した」巨人菅野、ソフトバンク千賀とエース会談

西日本スポーツ

 東京五輪で3大会ぶりに復活するソフトボールの女子日本代表のエース、上野由岐子(ビックカメラ高崎)が18日、福岡県の久留米市野球場で野球日本代表のエースとして期待される千賀滉大(ソフトバンク)、菅野智之(巨人)らと行う自主トレーニングを公開した。

 ソフトボール、野球はどちらも東京五輪での金メダル獲得が期待されており、上野と千賀は鴻江寿治トレーナーが主宰する「鴻江スポーツアカデミー」の合同自主トレーニングに14日から参加。菅野が合流した17日には、千賀も交えて「深い話ができた」と明かした。

 昨季11勝にとどまった菅野との会話について、上野は「すごく悩んでいる感じ。戸惑いを感じたので、メンタル的な話をした。追われる立場、地位を守らなきゃいけない立場、いろんなものを背負ったものにしか分からない感情、そういったものの感覚的な話ができた」と内容の一端を明かした。

 千賀については「彼を育成(選手の)時代から見てきた。メンタル的な成長を感じたし、責任感を持った投手になった」と認めた上で、改めて「もっと日本を背負っていくというか、日本代表のエースとして地位を上げてほしい」とエールを送った。

PR

スポーツ アクセスランキング

PR

注目のテーマ