ソフトバンク柳田一番好きな打順は?本人が理由も説明

西日本スポーツ

 ソフトバンク柳田悠岐外野手(31)が17日に福岡市内でトークショーに出演した際、打順の好みについて語る一幕があった。

 柳田がMCの質問に○×で答え、来場したファンは柳田の回答が○×どちらか当てるというコーナー。その中で「一番好きな打順は3番だ」というクエスチョンがあった。「単純に好きかどうかでしょ?」と前置きした柳田は、あまり悩むことなく「○」の札を挙げ「マルです。楽っすね。3番は」と続けた。

 理由の説明にあたって、まず1番に言及。「後攻やったらもうセンターからブワーっと走って、準備して、行かんといけんでしょ。…っていうのが、あんまり好きじゃない」。ここぞの試合での1番起用例があり、切り札的なオプションのイメージもあるが「ゼエゼエ言いながら打席いっとるでしょ」と否定的だ。

 続いて4番を「(初回に打席が)回ってくるかどうか分からんでしょ」と選外に。「3番やったら絶対(初回に)回ってくる。準備もいっぱいできるんですよ。だから好き」。そして「理由はそれだけです。だから2番でもいいです」とも言った。

 以上のことから「打つなら2か3(番)がいいっすね」と総括して「チームやし、まあどの打順でも、ちゃんとやりますけど」と含み笑い。ここで「逆に何番を打ってほしいか、聞いてみたいっすね」と、柳田の即興でアンケートをとることになった。

 「1か2か3か4でお願いします」。集まったファン約200人に挙手を求めた。1番。「あ~結構いますね」。2番。「…まあ、でも、いますね」。3番。「多いっすね」。そして4番。「…3、4(番)、多いっすね」。ここは票が割れていた。

 「ほんまに、4よりは3(番)がいいっすね。できれば。4番を打てと言われたら打ちますけど…っていう感じ」。そう強調した柳田ながら「貴重なご意見ありがとうございます」と“世論”にも耳を傾けていた。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ