熊本7位8年ぶり入賞 主将の赤崎が2人抜きの好走

西日本スポーツ

 ◆全国都道府県対抗男子駅伝(19日、広島・平和記念公園前発着=7区間48キロ)

 熊本が、アンカーで主将の赤崎暁(拓大)が2人抜きの好走を見せ、7位でゴール。8年ぶりの入賞を果たした。

 8位と3秒差の9位でたすきをもらった赤崎は「前を一人でも抜いていこうと思っていました」と笑顔だった。今月の箱根駅伝では3区で区間9位と「結果が残せなかったんで、ここでしっかり走りたかった」。来月は青梅で30キロ、3月に米ニューヨークでハーフマラソンに挑んだ後、九電工で陸上を続ける。

PR

陸上 アクセスランキング

PR

注目のテーマ