元三冠王・松中信彦氏が語った夢実現の極意 児童110人に授業

西日本スポーツ 久保 安秀

 スポーツ選手やアーティストが子どもたちに夢を持つことや挑戦の大切さを教える「夢の課外授業」(二十一世紀倶楽部、福岡市教育委員会主催)が20日、福岡市中央区の舞鶴小であり、福岡ソフトバンクで活躍し、昨オフに四国アイランドリーグplus・香川のゼネラルマネジャー(GM)兼総監督に就任した松中信彦氏と男子ハンドボールの「ゴールデンウルヴス福岡」に所属する国分晴貴、徳永侑也、野口智秀の3選手が5年生110人に授業を行った。

 野球とハンドボールの実技後、松中氏らが参加して児童代表とハンドボールで対戦。校庭、体育館に児童の歓声が響いた。松中氏は最後に児童の質問に答える形で、「ゴールに向かって一気にジャンプするのは難しい。夢に近づくために時期を決めて目標を一つ一つクリアしていくことが大事。その過程の努力を大切に、いろんなことにチャレンジしてほしい」と夢実現について力説。引退後、面白さに目覚めたというハンドボールの普及にも一役買っている松中氏は「東京五輪を機会に競技に触れてもらえたら」と訴えていた。 (久保安秀)

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ