レッズ秋山「出て行く選手の面倒を見てもらって」西武支援に感謝

西日本スポーツ 小畑 大悟

 西武から海外フリーエージェント(FA)権を行使して米大リーグのレッズに移籍した秋山翔吾外野手(31)が20日、埼玉県所沢市の西武の球団事務所を訪れ、球団幹部らに移籍あいさつをした。花束を受け取り、「ライオンズの誇りを持ってアメリカに行く。育てたチームが素晴らしい環境だと言ってもらえるように、少しでも恩を返せるように」と感謝した。

 事務所を訪れたのは移籍後初めて。入団時の監督だった渡辺久信ゼネラルマネジャー(GM)は「入団したときは守備がすごく良かった。バッティング技術も上がってきて、近年は長打力もついてきた。素晴らしい選手に成長してくれた」と目を細めた。

 「旅立ち」に向けて西武もバックアップ。来月中旬から始まるレッズのキャンプまで球団施設の利用も許可された。「ありがたい。出て行く選手の面倒を見てもらって、感謝でしかない」と最敬礼。早速、この日のあいさつの後はライオンズトレーニングセンターで汗を流した。

 育ててもらった球団に別れを告げ、改めて挑戦への意欲を高ぶらせた秋山。「声援を受けて、励みになるときやしっかりやらないといけないと思うときもあった。厳しい目や、温かい目に応えたいと思って9年間やってきた」。西武での9年間を感慨深げに振り返った。 (小畑大悟)

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ