石野が逆転でトップ通過 ダイヤモンドカップ 【若松】

西日本スポーツ

 若松ボートのG1「ダイヤモンドカップ」は5日目の21日、優出を懸けた準優3個レースをメインに行われる。石野貴之が3日目からの連勝でシリーズリーダーに躍り出た。地元の瓜生正義も1着締めで得点率は石野と並んだが、上位着順の差で2位通過。3位にも松井繁と吉川元浩が並び、こちらも上位着順で上回った松井が準優1枠を獲得した。前日まで1位の中田竜太は5位まで下降。準優最後の椅子を巡る争いも激戦で、ボーダーの6・00には徳増秀樹、森高一真、岡崎恭裕の3人が並走。地元の岡崎が次点に泣いた。

PR

ボートレース アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング