HKT1期生、深川舞子が卒業発表 「まいこむ」管理栄養士の道目指す

西日本スポーツ 古川 泰裕

 HKT48チームKⅣの深川舞子(20)が、21日の劇場公演でグループからの卒業を発表した。2月22日が自身最後の劇場公演となる。進学していた短大の卒業が決まり、将来は管理栄養士を目指すという。

 2011年11月26日、1期生として活動を開始した深川は、「まいこむ」の愛称で親しまれた。真面目で一生懸命な言動で打算のない笑いを生み出す姿は、村重杏奈から「HKTの宝」と呼ばれた。少女漫画誌「りぼん」の大ファンで、村重が企画し、田中菜津美が作詞するなどメンバー主導で生まれた曲「恋するRibbon」のセンターに立った。

 2018年に膝を負傷しステージから遠ざかったが、昨年8月に約11カ月ぶりに劇場公演に復帰。20年1月13日に東京の神田明神で行われたAKB48グループの成人式に参加し、「小学校、中学校、高校、大学と、ファンの皆様に見守ってもらった。最後まで学力との両立を頑張りたい」と話していた。

 卒業発表では「けがをして自分と向き合い、もうやり残したことはないと感じたし、今学んでいる栄養士という資格を自分の強みに変えるために、もっと極めたいと思い、新たに勉強をし直すことにした」と、決断に至った心情を明かした。涙するメンバーもいる中、重い空気を変えるように「マイナスな卒業ではないので、見送ってもらう分、絶対に管理栄養士になれるように頑張りたい。別の形でみんなをサポートしたい」と明るく語った。同期の今田美奈から「HKTのケータリングをよろしく」とお願いされ、笑顔で「任せて」と応えていた。

 HKT48メンバーの卒業は2020年に入って3人目で、うち2人が1期生となっている。(古川泰裕)

PR

HKT48 アクセスランキング

PR

注目のテーマ