ソフトバンク本多コーチ「温泉入って茶を飲んで」嬉野市観光大使再任

西日本スポーツ

 本多雄一内野守備走塁コーチ(35)が22日、佐賀県嬉野市を訪れ、同市観光大使に再任された委嘱状を村上大祐市長から受け取った。本多コーチは「ファンが嬉野に来て温泉に入って茶を飲み、一緒に野球をするなど、ファンへの恩返しと活性化に貢献したい」と抱負を述べた。

 母親が同市出身という縁で、2012年から市の魅力を伝える観光大使を務める。現役時代は同市で年明けの自主トレーニングに取り組み、少年野球教室を開くなど愛着も強い。本多コーチは「嬉野は自主トレをして精神力や技術を身に付けて2月のキャンプに入っていた原点の地。感謝を忘れず、コーチとしてリーグ制覇に導きたい」と今季を見据えた。

 村上市長は「昨年は(全国茶品評会で)嬉野の茶も日本一になった。今年はリーグ優勝と日本一で完全制覇を」とエールを送った。 (河野潤一郎)

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ