ソフトバンク松田宣37歳シーズンから2年契約 4年契約終わり年俸増

西日本スポーツ

 福岡ソフトバンクの松田宣浩内野手(36)がヤフオクドームで契約交渉し、5000万円増の4億5000万円プラス出来高で新たに2年契約を結んだ。チームの日本選手で唯一未更改だったが、交渉後の会見に同席した代理人の中村佐和子弁護士は「チームのハワイへの優勝旅行、その後に家族旅行なども入っており、日程調整が難しい事情がありました」と越年に至った理由を説明した。

 2015年オフの交渉で結んだ4年契約が昨季で終了。プロ15年目、5月で37歳になる松田宣は「新たに2年契約を結ばせていただいて、もう一度この2年やってやるぞという気持ちになった。今季の目標は3年連続30本塁打と東京五輪出場での金メダル」と公言した。(金額は推定)

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ