西武松本航「頂点に立って」母校明石商に初Vを期待

西日本スポーツ

 西武の松本航投手(23)が母校・明石商(兵庫)の選抜高校野球大会への出場決定を喜んだ。

 24日、同大会の出場32校を決める選考委員会が行われ、明石商は2年連続3度目の選出。松本の在学中は甲子園出場がなかったが、これで2018年夏から4季連続の甲子園出場となる。昨年は春夏連続で4強入りした。

 松本は球団を通じコメントを発表。「母校の甲子園出場決定を聞いて、とてもうれしいです。惜しくも昨年の夏は優勝に届きませんでしたが、この選抜では自分たちの力を存分に出して頂点に立ってほしいです。明石商らしい元気な野球を聖地で見せてください!」と初優勝へ期待を寄せた。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ