湯川が戦線リード 開設66周年記念 【からつ】

西日本スポーツ

 からつボートのG1開設66周年記念「全日本王者決定戦」は25日、予選折り返しの3日目を迎える。12Rドリーム2ndは1号艇の桐生順平が、枠番にものをいわせて逃走。ただ、機力に関してトーンは上がらずじまいで、パワー面では辻栄蔵が上々ムードだ。初日ドリーム組の湯川浩司に、地元の古賀繁輝は連勝と固め打ちに成功。オール3連対の赤岩善生、石渡鉄兵、秦英悟や、高野哲史も光る動き。平本真之は6、5、6着と低迷しており、一日早い勝負駆けに追い込まれた。坂口周は、1Rで負傷したため帰郷した。

PR

ボートレース アクセスランキング

PR

注目のテーマ