春のセンバツ選考理由 昨秋地区大会上位校が順当

西日本スポーツ

 今回の選考では、昨秋の各地区大会での上位校が順当に選出され、九州も、昨秋の九州大会ベスト4に入った4校が代表校となった。九州大会優勝の明豊は圧倒的な打力とエース左腕若杉の復調ぶり、準優勝の大分商は本格派右腕の川瀬の安定感、創成館は九州大会3試合で無失策の堅守に継投パターンも確立、初出場の鹿児島城西は八方、前野の両右腕の制球力とテンポの良さが選考理由として挙げられた。

 また、21世紀枠で選出された平田(島根)は、地元の幼稚園や保育園で野球の普及活動を行っていることが高評価された。少子化やスポーツの多様化で野球人口の減少が懸念される中で「分かりやすい形で、野球の面白さを子供たちに伝えている」と日本高野連の八田会長が語ったように、時代の流れを踏まえた選考となったのが印象的だった。

PR

高校野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング