古賀、井口がトップタイ 開設66周年記念 【からつ】

西日本スポーツ

 からつボートのG1開設66周年記念「全日本王者決定戦」は26日、予選ラストの4日目に突入する。3日目も白星を挙げた地元の古賀繁輝と、4戦2勝の井口佳典が得点率首位を並走。ただ、6号艇を未消化の古賀に対して、井口は1号艇を残すので、置かれた状況は対照的だ。2日目までトップだった湯川浩司は9位に後退したが、こちらも1号艇が巡るので、十分に準優好枠取りの圏内。準優へのボーダーが6・00なら6人に当確ランプ。ドリーム組では、太田和美が2走15点、深川真二が同13点、魚谷智之が同10点、原田幸哉、山崎智也は1着条件の勝負駆け。池田浩二と平本真之は、予選突破が絶望的となった。

PR

ボートレース アクセスランキング

PR

注目のテーマ