ムネリン笑顔のダイエー同窓会 吉本コーチ、城所氏らと野球教室

西日本スポーツ 森 淳

 元福岡ソフトバンクで昨年台湾・味全でコーチ兼任で現役復帰した川崎宗則内野手(38)と、福岡ソフトバンクの東浜巨投手(29)、谷川原健太捕手(22)、吉本亮3軍打撃コーチ(39)、同球団職員の城所龍磨氏(34)が25日、福岡県豊前市で同市内の少年野球チームに所属する小中学生ら約100人を相手に野球教室を行った。

 同市では現役時代の吉本コーチや、川崎らが自主トレを実施。ホークス選手らによる野球教室は19回目という。吉本コーチ、川崎、城所氏と、福岡ダイエー時代を知る3人が並ぶ場面はさながら同窓会。川崎は訪れたファンの姿に「ちらほらダイエーの時のグッズも見えたね」と楽しげだ。

 小雨の中で約3時間。後半は軟式球で中学生と3イニングの試合も行った。最終回に先制V打で面目を保った吉本コーチが「一緒にやれて良かった」とうなずけば、城所氏は「みんな野球に携わって、こうして野球教室をできるっていいですね」と感慨を口にした。

 決勝のホームを踏んだ川崎は「思い入れのある場所。ナオ(東浜)もタニ(谷川原)も来てくれた」と喜んだ。東浜は「子どもの頃、プロと試合する機会なんてなかった。僕の地元(沖縄)でもできたら」。谷川原は「子どもたちより宗さんの声が一番出ていた。ああやって目標にしてもらえる選手でいたい」と励みにしていた。 (森 淳)

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ