ソフトバンク工藤監督、8時間熱血指導 熊本の子どもに誓った完全V

西日本スポーツ 山田 孝人

 次の出会いでは「完全V」を!! 福岡ソフトバンクの工藤公康監督(56)が25日、2016年の熊本地震で被害を受けた熊本県菊池市と山鹿市で野球教室を開き、子どもたちに3年ぶりのリーグ優勝と4年連続日本一を誓った。復興支援を目的に熊本県内で行っている野球教室はこれで4年連続の開催。計8時間にわたる熱血指導を繰り広げ、さらなる勇気を届けるためにも「完全V」への決意を新たにした。

 大粒の汗を流し、息は上がっていた。熊本県内の2カ所で開いた野球教室。菊池会場で、工藤監督は自らマウンドに上がった。参加した約70人の子どもたち全員と勝負。球数は100球を優に超え、「伝家の宝刀」のカーブも繰り出した。

 「将来、『監督の球を打った』とか話してもらってね。記憶、思い出に残る1日になってくれたらうれしい」。2016年に発生した熊本地震の復興支援を目的に始めた熊本での野球教室もこれで4年連続。今年も熱血指導も行った。

 24日には17年の九州豪雨で被害を受けた大分県日田市の小学校も訪問。九州のプロ野球チームを監督として率いる立場として、復興支援活動に終わりはないと胸に刻んでいる。「みなさんの応援に支えられて野球をさせてもらっているのだから。風化させないことが大事」と言い切った。

 特に次代を担う子どもたちへの思いは強い。傷ついた幼い心と触れ合って癒やしたいという思いだ。「見えなくても、心の傷は簡単には消えないもの。子どもたちのために何ができるか。これからも考えたい」と今後の継続支援を誓う。

 今季は本職の野球でも「完全V」を達成し、喜んでもらうつもりだ。リーグ優勝は17年が最後で、過去2年は2位。「リーグ優勝を一番の目標として、その上で日本一になる。それが一番望んでもらっていること」。来年の訪問では有言実行の朗報を届ける決意だ。

 宮崎での「2・1キャンプイン」も目前に迫る。3年ぶりの「完全V」を見据え、工藤監督は「みんなで一つになり、『さあ行こう』という思いで走りだしたい」と力を込めた。強い思いを胸に、子どもたちの明るい笑顔が咲いた熊本を後にした。 (山田孝人)

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ