西武ドラ1宮川、同学年森の金髪に「あんな感じのタイプでしょう」

西日本スポーツ 松田 達也

 西武のドラフト1位、宮川哲投手(24)=東芝=が27日、同学年の森友哉捕手(24)との“黄金バッテリー”の結成を熱望した。春季キャンプで、森とのブルペン投球を重ねながら、自身のレベルアップにつなげる意欲を示した。

 この日で新人合同自主トレを打ち上げ、宮川の表情に手応えがにじんだ。「追い込んだトレーニングもやったので疲労はあるけど、肩はできたし、仕上がってきた」。最終日は40球のブルペン投球で締めくくった。

 自主トレ期間中は実現する機会がなかったが、正捕手の森とコミュニケーションを深めることは1軍定着に欠かせない。「受けてもらって、何が足りないか聞きたい」と力を込めた。

 森は派手な金髪でライオンズトレーニングセンターを訪れ、ルーキーたちを驚かせた。対面してあいさつした宮川は、中学時代に硬式のボーイズリーグで対戦経験があるだけに「あんな感じのタイプでしょう。驚きませんよ」と涼しい顔だった。昨季の最優秀選手(MVP)捕手のようにまばゆく輝くための挑戦が始まる。 (松田達也)

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング