J2長崎、中村北斗が引退 アビ・ユースコーチ就任

西日本スポーツ

 J2のV・ファーレン長崎は31日、昨季限りで契約満了となっていたMF中村北斗(34)が現役を引退し、J2アビスパ福岡U-18(18歳以下)のコーチに就任すると発表した。

 長崎県出身の中村は2004年に国見高から福岡入り。FC東京、大宮でもプレーし15年に福岡へ復帰、5年ぶりのJ1復帰を懸けて臨んだ同年のプレーオフで昇格を決める同点ゴールを挙げた。18年に長崎へ移籍し、19年はJ2リーグ戦2試合、YBCルヴァンカップ4試合、天皇杯1試合に出場した。通算成績はJ1が115試合で7得点、J2が136試合で10得点だった。

 中村はクラブ公式サイトを通じ「サッカー選手として幸せな時間を過ごすことができました。教える立場としてこれからもサッカーを楽しみたいと思います。本当にありがとうございました」などとコメントした。

PR

V・ファーレン長崎 アクセスランキング

PR

注目のテーマ