3連覇へ西武辻監督キャンプ初日から収穫、ブルペンで「いいな」発見

西日本スポーツ

 リーグ3連覇を狙う西武の辻発彦監督(61)が宮崎・南郷キャンプ初日の1日を振り返った。

 ブルペンでの投球練習や守備練習などを鋭い視線でチェック。「キャンプだなという感じ。(天気は)最高でした。初日は間違いなくみんな頑張る。一生懸命やっていたと思う。開幕も早い。ブルペンに行ったら、投手はしっかり投げ込んできた印象」と振り返った。

 2年連続防御率リーグワーストの投手陣の立て直しがV3への近道となる。ドラフト1位の宮川(東芝)の初ブルペンについては「力み倒していたな。初日なのでまだまだじっくりと」と苦笑い。

 一方で同2位の浜屋(三菱日立パワーシステムズ)には「いいねと思った。インコースの真っ直ぐが良かった。フォームに力みもなく、いけそうかなという感じはあった」と高評価だった。

 ブルペンで目についた存在は「国場はいいなと見ていた」と、昨季プロ初勝利を挙げたプロ5年目の国場を初日の“MVP”に挙げていた。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ