サファテ初日から投げた「マウンドから離れている」

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク春季キャンプ(1日)

 6年ぶりに初日からキャンプに参加したサファテがブルペン入りした。

 立った状態の甲斐に対し、20球程度をテンポよく投げ込んだ。米国でトレーニングをしていた1月も傾斜があるところでの投球を行っており「こういう確認作業は続けていく。マウンドから離れているから」と説明した。

 2018年に右股関節の手術を受けた後、公式戦での登板はない。4日までの第1クール中に座った捕手相手に本格的な投球練習を行う予定だ。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ