ソフトバンク最年長・和田初日ブルペンも「ふくらはぎがつっていて」

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク春季キャンプ(1日)

 チーム最年長の和田が初日からブルペン入りし、座った捕手に27球を投げた。

 午前中に恒例の12分間走があった影響で「ふくらはぎがつっていて、これ以上投げるのは怖かった」。左肩の故障から昨季復活したベテランは「いつも通りに(春季)キャンプは500球を目安にする」と徐々にギアを上げていくつもりだ。

 初日はA組の投手20人のうち、千賀、嘉弥真を除く18人がブルペンに入って投球練習を行った。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ