佐々木、旭化成の意地 別大マラソン2日号砲

西日本スポーツ

 2016年リオデジャネイロ五輪代表の佐々木悟は所属する旭化成のプライドをぶつける。数々の五輪ランナーを生んだ旭化成にとって今年最初のマラソンレースが今大会。全日本実業団対抗駅伝で4連覇を達成した一方、MGCに一人も出場できないなどマラソンでは苦戦が続く。34歳のベテランは「今後のレースで見せていくしかない」とチームの思いを代弁。「しっかり練習ができた。自己ベスト(2時間8分56秒)を更新したい」。この目標が達成できれば、優勝にも近づく。

PR

陸上 アクセスランキング

PR

注目のテーマ