ソフトバンク大竹、川原 キャンプ2日目で早くも打撃投手

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク春季キャンプ(2日、宮崎・生目の杜運動公園)

 キャンプ2日目にして、B組では大竹と川原が打撃投手を行った。大竹は高谷と育成の黒瀬に35球を投げ、カーブとツーシームも使った。「去年の打撃投手の感じよりもいい」と手応えを口にした。球速140キロ程度で42球を投げた川原は「バランスを意識した。この日に投げることは決まっていたので準備はできていた」と語った。東京五輪の影響で今季は開幕が例年より10日ほど早く、A組でもきょう3日に打撃練習で松田遼らが登板する予定。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ