旭化成の深津「まさか」有終自己ベスト 引退レース6位

西日本スポーツ

 ◆別府大分毎日マラソン(2日、大分市高崎山うみたまご前~同市営陸上競技場=42・195キロ)

 一般男子で旭化成の深津が自己ベストを25秒更新する2時間9分6秒で6位に入った。「僕自身、限界を感じていたのでまさか自己ベストが出るとは。こういう形で終われれば」と第一線を退く意向を示した。駒大から2010年に入社し、駅伝やトラックで活躍。低迷期の旭化成を支えた32歳は「晴れやかな気持ち」と目を潤ませた。

   ◇    ◇

 佐々木悟(旭化成。リオ五輪代表は2時間10分25秒の14位と苦戦)「ペースが上がった時に余裕がなくなった。悪いなりにまとめたつもりだったが、全体のレベルも上がっている。その部分も含めて考えたい」

 福田穣(西鉄。2時間10分32秒で15位)「前半から余裕がなかった。準備不足。準備から絶好調ではないと走れない」

PR

陸上 アクセスランキング

PR

注目のテーマ