飯塚オートG1開設記念7日開幕 重富大輔がVへ意気込み

西日本スポーツ

■PR隊本社来訪

 飯塚オート(福岡県飯塚市)で7日に開幕するG1開設63周年記念レース(11日まで)のPR隊(飯塚オート事業所の皆川高範所長ら)が3日、福岡市・天神の西日本スポーツを訪れ大会をPRした。売上目標額は10億5千万円。

 皆川所長は「地元の荒尾聡を筆頭に、浜松支部の鈴木圭一郎、前回大会覇者の金子大輔や永井大介(川口)ら超豪華メンバーが参戦します。この熱い戦いを本場やお近くの場外発売などで楽しんでください」と呼びかけた。

 PR隊には、大会ポスターに起用された地元の重富大輔が同行。重富は「前回大会でもポスターに起用してもらったが、気持ちが先走り過ぎて結果が残せませんでした」と苦笑い。だが近況は年末のスーパースターシリーズ戦Vなど「調子は上がってきている」と表情は明るく、「この勢いを崩さず、優勝できるように頑張ります」と意気込んだ。

 開催期間中はイベントも豪華。8、9日はプロレス団体ドラゴンゲートとのコラボ企画が行われ、本場内に特設リングを設置してスペシャルマッチなどを実施する。10日はボートレーサートークショーも行われ福岡支部の日高逸子が来場を予定している。

PR

オートレース アクセスランキング

PR

注目のテーマ