ソフトバンク2位海野は「右肘関節炎」と診断 A組からリハビリ組へ

西日本スポーツ

 福岡ソフトバンクは4日、ドラフト2位の海野隆司(22)が3日に佐賀市内の病院でMRI・CT検査を受け、右肘の関節炎と診断されたと発表した。

 即戦力と期待された海野はA組(1軍)スタートだったが、初日のキャッチボールで右肘の違和感を訴え、2日から別メニュー調整だった。今後はリハビリ組で調整していく。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ