西武辻監督、開幕投手候補に2人を指名 伝達方法「今年は…募集しています」

西日本スポーツ

 ◆西武春季キャンプ(4日、宮崎・南郷)

 西武の辻発彦監督(61)が4日、今キャンプ第1クールを総括した。

 リーグ3連覇に向け、投打の主力や若手、14年ぶりに古巣に復帰した松坂大輔投手(39)の動きの良さが目立ったことを喜びながら「100点かな」と笑顔で振り返った。

 開幕戦となる3月20日の日本ハム戦(メットライフドーム)を託す開幕投手については「2月いっぱいまでには決めたい」と期限を設定。そのうえで、昨季チーム最多の12勝を挙げたザック・ニール投手(31)、自身初の2桁勝利を達成した高橋光成投手(23)を候補として指名した。

 「安定感からいけばニール。(3日のブルペンで)素晴らしい球を投げていた。開幕を狙っているぞ、という思いを感じた。それを超えてくるような光成であればね。投げたいと思っているでしょうから」と期待を寄せた。

 過去の開幕投手には、2018年の菊池に直筆の色紙を送って通達し、19年の多和田にはキャンプ地のメイン球場の電光掲示板にサプライズで名前を掲示するなど、ユニークな方法で伝えてきた。「今年は…募集しています」。人選とともに、伝え方についても思案中だった。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング