ドラ1入団の吉住が「千賀2世」に刺激 倉野コーチ「化ける可能性ある」/プロ野球番記者コラム

西日本スポーツ 長浜 幸治

 今キャンプは育成選手で唯一A組の投手陣に抜てきされ、「千賀2世」とも評される3年目の尾形が注目されている。その一方、B組で目の色を変えている尾形の同期生がいる。昨季は2軍と3軍を行き来したドラフト1位入団の吉住だ。

 身体能力の高さは折り紙付きながら、プロでの2シーズンで1軍登板はない。倉野ファーム投手統括コーチが「大きく化ける可能性は十分ある」と認める才能の持ち主だが、それを生かし切れない日々が続いた。

 昨夏に結果が出なかった時期は「スポーツで野球が一番向いていないんですかね」と肩を落としたことがあったほどだが、今オフに転機が訪れた。自主トレで千賀に弟子入り。投球フォームを抜本的に見直したのだ。

 練習に取り組むエースの姿を間近で学んだ右腕は「こんなに野球を考えたことがない、というくらい、たくさんのことを教わりました」。ドラフト1位と育成1位の出世争いを楽しみにしたい。(長浜幸治)

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ