スチュワートものものしい初登板 工藤監督、サファテ、米スカウトら大集結

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク春季キャンプ(8日、宮崎・生目の杜運動公園)

 来日2年目のカーター・スチュワート投手(20)が、B組のフリー打撃で今キャンプ初めて打撃投手を務めた。

 最速146キロをマークし、チェンジアップやツーシームも投げ、安打性は明石に浴びた2本のみだった。工藤監督をはじめサファテバンデンハーク、米大リーグのスカウトも続々と集結。サブ球場がものものしい雰囲気となった。

 序盤は制球が定まらず、計35球を投げストライクは20球にとどまったが「この時期にしてはよかったと思う。1年間投げられるように、そして1軍で投げられるように、一日一日うまくなっていきたい」と笑顔を見せた。

 昨年5月に加入したため、これが初めてのキャンプ。工藤監督も「去年よりも下半身が使えている。このまま進んでくれたら良い」と成長を感じ取っていた。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ