ソフトバンク1位佐藤直樹ニコニコ 「初安打」後…ほっこり場面の連続

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク春季キャンプ(8日、宮崎・生目の杜運動公園)

 ドラフト1位ルーキー佐藤直樹外野手(21)=JR西日本=が“プロ初安打”を放った。

 今キャンプA組で初の実戦形式練習となったシート打撃。佐藤は泉が投じた内角高めの真っすぐを捉え、左前へ鋭く運んだ。最初の打席での結果にうれしさを隠せず、にこにこ顔でベンチに戻った。

 メイン球場のスタンドからはあたたかい拍手も送られ「結果が出たことはうれしいです」とうなずく。記念品もゲットした。「打ったボールを内川さんがくれたんですよ。こういうボールももらえるんだなと思いましたし、何か初があるたびに取材もしてもらえる。すごくやりがいがあります」と初々しく振り返った。

 直後に打席に入った同5位の柳町達外野手(22)=慶大=も真っすぐを捉えて左中間にポトリと落とした。「佐藤が打ったんで『自分も』と強い気持ちで打席に入った。うれしいです。二塁は『いける』と思った」。中堅手の捕球体勢が崩れたのを確認して一気に二塁まで到達するなど、優れた判断力も示した。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ