Bリーグ大河チェアマン表情険しく「ちょっとさみしい」 経営難から再出発B2福岡の現状に

西日本スポーツ 末継 智章

 Bリーグの大河正明チェアマンが8日、福岡市の照葉積水ハウスアリーナで行われたライジングゼファー福岡-熊本ヴォルターズ戦の試合前にあいさつし、経営難から再出発した福岡について「皆さんの応援で福岡のチームを福岡のプライドにかけて強くしてやって」と呼び掛けた。

 この日は福岡で今季初の九州ダービーとあって今季最多の1825人が来場したが、取材に応じた大河チェアマンは「ちょっとさみしい。熊本の(ファンの)方が目立っている」と険しい表情。「昨年のウインターカップ(全国高校選手権)は福岡県同士の決勝になり、中学も常に福岡県代表が活躍する。足りないのはプロ」と奮起を促した。

 福岡はB1千葉の島田慎二会長がクラブ経営アドバイザーに就き、1月下旬に2024~25年シーズンにB1制覇を目指す中長期計画を発表。スポンサー獲得を優先し、チームを強化した後に集客に力を入れる千葉式の手順を採り入れている。

 大河チェアマンは「千葉も1000人来るか来ないかの状態から始まった。マーケットがあり、中学や高校も強いのだから焦らず頑張ってほしい」と期待した。(末継智章)

PR

バスケ アクセスランキング

PR

注目のテーマ