制球安定で圧巻5K ソフトバンク古谷「私服は全て買い替えました」

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク春季キャンプ(8日、宮崎・生目の杜運動公園)

 高卒4年目左腕の古谷が、目標に掲げる開幕1軍入りへ好アピールだ。

 シート打撃に登板して打者9人を相手に被安打ゼロで5三振を奪う好投。最速151キロをマークしたほか、最後は昨季対左腕の打率3割9分6厘の“左キラー”川島から147キロの直球で見逃し三振を奪い、スタンドから拍手も起こった。

 オフのウエートトレーニングが奏功して、体重は昨季から5キロ以上増えて80キロに。体が大きくなったことが球の強さと制球の安定にもつながったという。「私服は全て買い替えました。ズボンは(伸びる)ストレッチ素材のものをはいてます」と笑い「順調にきているので、けがのないようにアピールを続けていきたい」と意気込んだ。

 工藤監督も練習後の取材で目立った選手を問われ「皆さんと同じ(古谷)です。ボールも良かったし、ストライクゾーンで勝負できていた」とうなずいた。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ