ソフトバンク育成・尾形、打者10人で1安打も反省

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク春季キャンプ(8日、宮崎・生目の杜運動公園)

 育成の尾形がシート打撃に登板し、支配下入りをアピールした。

 最速145キロの直球を主体に打者10人と対戦し、許した安打は中村晃に左翼線へ運ばれた二塁打のみ。奪三振は九鬼からの1個に終わったが「昨年より周りを見ながら落ち着いて投げられた。真っすぐもこの間(3日)の打撃投手の時より強くなっている」と手応えを口にした。

 一方で2四球を与え「変化球の精度が課題です」と反省も口にしていた。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ