圭一郎逃げ切り完全Vへ 開設記念レース 【飯塚】

西日本スポーツ

 飯塚オートの福岡ソフトバンクホークス杯G1「開設63周年記念レース」は10日、準決4個レースを行った。9Rは松本やすし-鈴木宏和の32期同期ワンツー。10Rは今回の宣伝ポスターに抜てきされた地元の重富大輔が1着。2着の加賀谷建明は1度目のSでF失権。3着の永井大介が繰り上がった。11Rは10線7車並びの最イン東小野正道が白星。8番手から追い込んだ荒尾聡が2着に入った。12Rは早めに先頭に立った池田政和を終盤にかわした鈴木圭一郎が快勝した。2着は池田。最終日12R優勝戦は、鈴木圭の完全Vに期待する。

PR

オートレース アクセスランキング

PR

注目のテーマ