男女別ドリーム戦を実施 からつボートで13日からG1九州地区選手権 PR隊が来訪

西日本スポーツ

 からつボートで13日に開幕するG1第66回九州地区選手権(18日まで)のPRのため、唐津市ボートレース企業局の山口大俊広報宣伝係長らが10日、福岡市・天神の西日本スポーツを訪れ「九州地区のチャンピオンを決める熱い戦いにご注目ください」と呼びかけた。売上目標額は40億円。

 山口係長は「現在、からつボートではスタンドなどの大改修中で十分な観戦スペースを確保できずご迷惑をおかけします」と事情を説明。大会については「福岡、佐賀、長崎の3支部から精鋭52人が出場します。ダブルドリーム戦を実施するなど序盤から目が離せません」と紹介した。その第1弾となる初日12Rの「三県対抗ドリーム」は(1)深川真二・佐賀(2)瓜生正義・福岡(3)原田幸哉・長崎(4)篠崎元志・福岡(5)桑原悠・長崎(6)上野真之介・佐賀-が、2日目12Rの「レディースドリーム」は(1)大山千広(2)日高逸子(3)小野生奈(4)魚谷香織(5)川野芽唯(6)竹井奈美=全員福岡支部-が出場を予定している。

 PR隊にはアシスタントレディーの小倉さやかさんが同行。小倉さんは「見どころはやはり、2日目のレディースドリームでの若手VSベテランの熱いバトルではないでしょうか。みなさんもお近くの場外発売場や電話投票などで選手を応援してください」と呼びかけた。

PR

ボートレース アクセスランキング

PR

注目のテーマ