ノムさんは「すごく寂しがり屋」南海で同僚だった藤原満氏語る

西日本スポーツ

 戦後初の三冠王で南海(現ソフトバンク)、ヤクルト、阪神、楽天で監督を務めた野村克也さんが11日に84歳で死去した。関係者からは悼む声が相次いだ。

 南海での現役時代に同僚として活躍した藤原満氏(西日本スポーツ評論家)は「野球に関しては本当に素晴らしい方で、私がここまでこられたのも野村さんのおかげ。確率の高い野球、点をやらずに守り勝つ野球を目指して、本当によく勉強されていた。印象に残っているのは『野球は頭』という言葉。日本の野球を変えた一人だと思う。すごく寂しがり屋で、(南海の)チーム宿舎で(兼任監督だった)野村さんの部屋を訪ねると、野球談議が朝まで続いたのもいい思い出。配球や相手の癖などをびっしり書き込んだノートを『わしの財産や』と大切にしていたこともよく覚えている。いろんな苦労はあったと思いますが、年を取った後も最後までしっかり野球に携わることができて、いい人生だったのではないでしょうか」と話した。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ