野村ヤクルトで活躍した西村龍次氏「非難されるまで成長したんだと」

西日本スポーツ

 戦後初の三冠王で南海(現ソフトバンク)、ヤクルト、阪神、楽天で監督を務めた野村克也さんが11日に84歳で死去した。関係者からは悼む声が相次いだ。
   ヤクルト監督時代の野村氏の下でプロ1年目から活躍した西村龍次氏(西日本スポーツ評論家)は「新人時代から『プロ野球選手である前に社会人だ』と常々教育を受けた。1点を守り1点をもぎ取る、接戦を勝ち抜く野球を教わって優勝も経験させてもらった。叱られてばかりだったが、『無視、称賛、非難』という意味で、自分は非難されるレベルまで成長したんだと奮い立ったのを思い出します。本当に感謝しかない」と話した。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ