西武山川に弟子入り佐藤が紅白戦チーム1号 中村の三塁代役候補

西日本スポーツ 小畑 大悟

 ◆西武春季キャンプ紅白戦(13日、宮崎・南郷)

 佐藤龍世内野手(23)が13日、実戦の“チーム1号”を放った。今キャンプ初の紅白戦で新外国人左腕のノリンから先制の左翼越え2ラン。打点王の中村が右ふくらはぎ張りのためB班(2軍)発進の中、サードの定位置奪取にインパクトを残した。

 この日がお披露目の新助っ投に洗礼を浴びせた。2回2死一塁。初球の真っすぐを完璧に捉え、左翼芝生席へ運んだ。「速いと聞いていたので、振り負けないようにと思った」。新人の昨季も限られた出場で2本塁打。持ち前のパンチ力を見せつけた。

 自主トレは山川に弟子入りし、徹底的に打撃と向き合った。「下半身の使い方。昨年まではうまく使えていなかった」。キャンプ中も全体、個別練習後、さらに室内で打ち込みを行う。「誰よりも最後まで練習しようと思っている。必然的に山川さんと一緒になる」と居残り練習を継続中。この日もその師匠らと午後6時すぎまで打ち込んだ。

 中村が不在の間、まずは三塁の代役候補の1番手を目指す。「中村さんは(開幕に)仕上げてくると思う。自分は自分のやるべきことをしっかりやっていく」。“チーム1号”を猛アピールの号砲とする。 (小畑大悟)

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ