ソフトバンク参謀役の胸中は 若手にハッパ「結果出すしかない」

西日本スポーツ 石田 泰隆

 ◆タカ番記者コラム「好球筆打」

 内川のあとに千賀が続く。その後ろに、この日から高橋礼も加わった。朝の全体集合後。ウオーミングアップが始まると、故障を抱える選手はチーム本隊を離れて、メイングラウンドを去っていく。課された個別メニューを行うためだ。

 表情はもちろん、さえない。いや、当然といえば当然か。朝からハイテンションの方がおかしい。ましてやチーム本隊を離れて個別練習へ移るのに、ヘラヘラしている場合ではない。こう言ってはなんだが、あるべき姿なのだろう。

 そんなわけで、気付けばホークスキャンプも日程の半分を消化した。前述した以外にも柳田や武田、加治屋に大竹と数多くの故障者を抱えてはいるものの、時計の針は止まってくれるはずもなく、A組(1軍)では紅白戦がスタートした。

 この時期、注目すべきは何といっても若手を中心とした新戦力の“輝き”具合に他ならない。投手も野手も、周りを「おっ!」と思わせるような選手に出てきてもらわなければ、チーム全体に勢いが生まれない。

 だからだろう。この日の紅白戦前、森ヘッドコーチはシートノックを終えた全選手をベンチ前に集合させてハッパを掛けていた。それはやはり、主に若手へ向けたものだったようだ。

 「きょうから本格的な実戦に入った。その中で、特に若手には結果にこだわって戦ってくれと伝えた。目の前の競争を勝ち抜くには、結果を残すしかない。この先、必ずここから4人程度はふるいにかけられるわけだから。そのふるいに落とされないようにするには、結果を出すしかない」

 工藤監督の腹心としてチームのとりまとめを任されるだけに、森ヘッドコーチの言葉に力が入るのも無理はない。ここ2年は日本一に輝く一方で、ペナントに手が届いてないシーズンを送るからこそ、誰より責任を痛感している。

 そんな参謀役の思いが届いたのか、この日の紅白戦では真砂が本塁打、砂川が左中間フェンス直撃の三塁打、新人佐藤も12球粘って四球をもぎ取るなど1安打1四球と存在を示した。投手陣でも古谷、松本が熱の入った投球で球場を沸かせた。やっぱりチームを活性化させるには、若手の活躍が不可欠だ。 (石田泰隆)

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ