甲斐に期待したい 投手の特長を生かしたリード/柴原洋

西日本スポーツ

 ◆ソフトバンク春季キャンプ紅白戦(13日、宮崎・生目の杜運動公園)

 もともと甲斐に一発を打つ力はある。振り上げて長打を狙いつつ、あとはいかに確率を上げるか。一方で松田遼と組んだ3、4回に1失点ずつ。変化球が目立った。荒れ気味ながら松田遼は直球が生命線。何か課題設定があったにせよ、この時期にそこまで変化球を使わなくても、と感じる。松本と組んだ5回は直球で押せており、投手の特長を生かしたリードが見たい。投手側にも、首を振って直球という選択肢はある。

 問われるのは目的意識。打者もどうしたいんだろう?という打席が多い。2三振の周東は「合わせる」にしても球に体が近づきすぎ、力ない打球が増える。釜元も2三振。見逃し三振は古谷の球も良かったが、読みが外れても「見逃しはやめよう」など、自分の中で決めごとがあっていい。新人柳町の2三振はバットが出てこなかった印象。上林も何かインパクトを残そうというものが見えにくい。

 各自の練習を見ていても、イメージと違う打球が飛んだ後、次も同じような打球だったりする。フェンス直撃の当たりを放った砂川に即結果が出そうな雰囲気は正直、感じていなかったが、振り切る意識は明確。さらに快音も伴えばチャンスが続くというものだろう。 (西日本スポーツ評論家)

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ