設楽ピリピリ「いつも使っている靴で」V宣言 16日30キロレース

西日本スポーツ

 東京五輪男子マラソン代表の残り1枠が懸かる東京マラソン(3月1日)に挑む前日本記録保持者の設楽悠太(ホンダ)は16日、熊本市内で開催される熊日30キロロードレースで最終調整を行う。15日は同市内のホテルであった前日記者会見に出席。「優勝を目指して頑張ります」と笑みも漏らさず意気込んだ。

 東京マラソンまで2週間となった段階での30キロのレース。「しっかり30キロを走れたら、粘りの走りができる。今の状態を確認するため」と今大会に出場した理由を語った。

 30キロの日本記録1時間28分00秒の更新については「特に狙っていない。記録はついてくる」と言い切り、「自分のレーススタイルである攻めの走りができれば優勝できる」と自信を見せた。

 設楽悠は2018年に16年ぶりにマラソンの日本記録を更新。その時も履いていたナイキ社の「厚底」シューズの新作が発表され、東京マラソンも含め足元にも注目が集まる。

 「明日のシューズは」との質問には「いつも使っているシューズで」と答えた。会見中は終始、笑顔を見せることなくピリピリムードを漂わせながら会見場を後にした。

PR

陸上 アクセスランキング

PR

注目のテーマ