設楽悠太「ここで負けたら次はない」 30キロレースで優勝

西日本スポーツ

 東京マラソン(3月1日)で残り1枠の東京五輪男子代表に挑む前日本記録保持者の設楽悠太(ホンダ)が16日、最終調整として熊本市内で開催された熊日30キロロードレースに出場し、1時間29分47秒(速報タイム)で優勝した。

 序盤は30キロの日本記録1時間28分00秒を大きく上回るペースを刻んだ設楽悠だったが、時折、激しい雨が打ちつける悪天候もあって中盤にペースダウン。「タイムからしたら遅かったけど、自分の状態からしたら、全力で走った結果」と淡々と受け止めた。

 それでも、2日の丸亀ハーフマラソンは折り返しまで先頭で引っ張りながらも6位に終わっただけに一定の手応えはつかんだ様子。「ここで負けたら次はないと思っていた」と振り返り、「東京マラソンまで、あと2週間ある。トレーニングして2、3割は上がってくる」と言い切った。日本記録を更新する2時間4分台を目指す東京マラソンに向け、「日本中が興奮するような走りをしたい」と意気込んだ。

PR

陸上 アクセスランキング

PR

注目のテーマ